おいしいお燗酒と、季節のお料理


なぜお燗酒なのか。

「なぜお燗酒なのですか?」とよく聞かれます。

 

「酔い心地がよいから。」

(あたたかいお酒は次の日に残りにくいと言われます)

「身体が冷えないから。」

色々な回答があるのではないかと思いますが、

ひねもすの燗番としての私の答えは単純に、「おいしいから。」です。

 

あたためて飲むお酒が世界的にかなり珍しいということや

歴史的に、あまり上等ではないお酒をお燗にしていたという日本の文化の背景などもあり

「お燗酒は寒いときにあたたまるために飲むもの」

「お燗酒はおじさんが好むもの」

なんていうイメージが強いのかな、とお客様とお話していると感じることが多々あります。

 

しかし

上記のようなイメージは、あまりにお燗酒を そして日本酒を 一面的にしか見ておらず勿体ないなあと思うのです。

 

「お燗酒」と聞くとすぐに、電子レンジで熱くつけすぎた「熱燗」の味を連想する方が多いようですが

(ぶわっとアルコールの香りばかりがするあの感じが嫌だ。ということを話されるお客様は多いです)

それは大きな間違い。

 

ごくごくぬるい温度から、しゃきっと熱々の温度まで

また、温度だけではなく

やわらかな口当たりから、爽快で軽やかな切れ口まで

日本酒の持つ「美味しい!」を実現する手段としてのお燗酒の世界は

実は広くてとても深ーいのです。

 

あたためることによって、そのお酒の持つ味わいは広がります。

冷蔵庫から出したばかりのときには隠れていた味や飲み口が、お燗にすると現れるのです。

 

そのお酒の個性によって、いちばんおいしくなる温度は様々。

ゆるやかなぬる燗も、きりっと飲み口の軽い熱燗も、もちろん冷やした状態がおいしいものも。

 

ひねもすでは、お燗の魅力を伝えるべく、お燗がおいしいお酒を中心に取り揃えております。

「日本酒はすきだけど、お燗はあんまりよく知らない」という方も

「日本酒そのものがそんなにすきではないかも」という方も

もちろん、「お燗だいすき!」という方も

お気軽に燗番にお声かけください。

こころをこめて、おいしいお燗をつけさせて頂きます。


日本酒と言えば・・を裏切るお料理たち

そんなお燗酒を受け止めるのは

和食にとどまらない、世界各国の食材や調理法を用いたお料理たちです。

 

おいしいお出汁も、フルーツも、ハーブも、スパイスも。

固定概念にとらわれず料理された季節の一皿は、どれも絶品!

お酒と合わせると、よりおいしさが広がります。

 

おつまみ、というには勿体ないようなお料理ながら

それでもやはり、お酒と共にリラックスして愉しんで頂いてこそ真骨頂

そんな「ヒネモスツマミ」の世界を、是非ご堪能くださいませ。